インフォメーション

2017-09-14 16:38:00

21231070_1440582305996824_8069681585345093568_n.jpg

 

21727984_1448665091855212_4151125035678585053_n.jpg

 

「運命のドレスはどれでしょう?」

関西弁になおすと一気にダメな気が・・・。

 

お写真のお客様には2週続けてお越しいただきました。

1週目は上のドレスと別のドレスで迷われ、こっちかなあ、と。

2週目は下のドレスと別のドレスで迷われ、別のドレスに決定!!

 

多分それが運命のドレス?かなあと小梅は思うのですが、

違うかのう。。(独り言)

どれもサイズがぴったり・しっくりきてはったのですが、

 2週目いっしょにいらしたお母様は、

試着される前からこれよ!とおっしゃっていらっしゃいました。

母のカン、超鋭し!

 

和婚の後のお食事会でお召しいただくのですが、

ウェディングドレス着るつもりなかったのに、

お色直ししたいぐらいです!と。

とってもうれしいお言葉です。

 

しかし特筆すべきは、だんなさま!

「君は何を着ても似合うよ」というスタンスでいつつも、

さらに似合うドレスに反応されるという、素敵さ。

 

この本気の「君は何を着ても似合うよ」

(実際ほんまにお似合いやったのですが)

という男性はなかはないはらへんのですよねえ。

素敵なことです。

当日が楽しみです♪

 

秋のドレスご試着、ぼちぼちご予約いただいております。

基本的に午前中のご予約のみなのですが、

洋服屋さんに試着に来る気軽さでいらしてください!

 

ヴィンテージウェディングドレス小梅